龍涎香の解説と見分け方

マッコウクジラはお香のクジラ!?

龍涎香(りゅうぜんこう)と呼ばれる貴重なお香があります。

この龍涎香ですが、実はマッコウクジラから採れる貴重なお香です。

マッコウクジラは最大で全長20メートルにもなる巨大なクジラであり、歯のある動物では最大になります。

マッコウクジラは漢字表示では抹香鯨と書きます

これは、マッコウクジラの名前の由来がお香であるからです。

抹香(まっこう)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

古くから、お坊さんから説教されることを(まっこうくさい)と言います。

抹香とは仏教で使用する粉末状の原始的なお香なので、お坊さんがお説教することを(まっこうくさい)と言っていたのかもしれません。

そしてマッコウクジラはお香の原料である龍涎香が採れることから抹香鯨となったそうです。

龍涎香とは

龍涎香は、古来よりなぜか海岸に落ちている不思議なお香の原料でしたので、採れ方はよくわかっていませんでした。

昔はミツバチの巣が海に落ちて変化したものや、海面を飛んでいる龍が海に涎を吐いて、涎が変化したものなど色々な説があったそうです。 だから龍の涎(よだれ)の香です。

実際はマッコウクジラの結石です。

諸説ありますが、マッコウクジラがダイオウイカなどのイカを食べた時に嘴などが胃に刺さり結石となるそうです。

この結石がマッコウクジラから吐き出されたり、死体から浮き出たものが海面に浮き何年も漂って海岸に流れ着きます。 大きさは大体10センチ〜30センチぐらいです。

龍涎香の見分け方

龍涎香は一見はただの岩ですが、熱で溶けやすい性質があります。

少し軽い妙な岩があったら、火で炙った針を刺し、針がすっと入れば龍涎香という見分け方があります。

つまり熱して、溶けて香る岩が龍涎香です。

日本の海岸でも見つかっていて沖縄、和歌山、静岡など色々な地域で発見事例があります。

もし発見できると何百万円で売れることもあるそうです。

また、お香の原料以外に媚薬の原料としても使われる漢方薬です。 

海岸を注意深く散歩していると見つかるかもしれませんね。